平成30年分の「配偶者控除等申告書」をエクセルで作成

今年から、配偶者控除を受ける人は、「配偶者控除等申告書」(平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書)を、会社に提出しないといけません。

この書類の書き方は、複雑なので、Excelが使える方だと、簡単に作成できるフォームが、国税庁のサイトにあります。

Excelが使える方は、これを印刷すれば、正式なものとして使えますから、利用されるといいでしょう。

賞与の計算の仕方【ポイント】

【平成30年7月6日現在】

この時期に、問合せが多いのが、賞与の計算の仕方についてです。

随分昔だと、源泉所得税の算出の仕方さえマスターすれば、それで、賞与の計算は出来たのですが、社会保険料の計算が入ってから、やや複雑になりました。

大抵の事業所では、給与計算ソフトを導入しておられるので、問合せも少なくなりました。

さて、賞与の計算で、押さえて貰いたいポイントは、3点あります。

1.社会保険料と雇用保険料の出し方

2.源泉所得税の計算

3.賞与支払届の提出

 

1.社会保険料と雇用保険料の出し方

まず、社会保険料などの計算ですが、「健康保険・厚生年金保険の保険料額表」の表は使いません。しいていうなら、料率が書かれたところだけ使います。

賞与の額が586,200円だと、百円未満を切り捨て、586,000円に、それぞれの料率を掛けて、二分の一にします。なお、1円未満の端数は切り捨てます。

586,200円→586,000円

健康保険料 39歳までの方(大阪)だと、10.17%

586,000円X10.17%=59,596円→ その半額なので、29,798円

 

厚生年金保険料 18.3%

586,000円X18.3%=107,238円 → その半分なので、53,619円

 

雇用保険は、事業の種類により異なりますが、一般だと、3/1,000です。

雇用保険の算出方法は、賞与の額そのままに、料率を掛けて計算します。

端数が出た場合は、50銭以下は切り捨てと覚えておいてください。

586,200円X0.3%=1,759円

2.源泉所得税の計算

イ) 用意するもの

前月の賃金台帳と「源泉徴収税額表」

前月の給与 526,328円 A 社会保険料等 81,185円 B

社会保険料などを差し引いた給与の金額 A-B= 445,143円

扶養等人数 1人

ロ) まず、税率を決めるには、「源泉徴収税額表」の「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」のページを開きます。

下の方に、計算の仕方が書かれていますから、それを参考にしてください。

(01)前月の給与から社会保険料などを差し引きます。

(02)(01)の金額と、扶養親族等の数を「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」に当てはめます。

14.294%

(03) 社会保険料などを差し引いた金額X14.294%=

501,024円円X14.294%=71,616円

3.まとめ

586,200円-(29,798円+53,619円+1,759円)=501,024円 A

501,024X14.294%=71,616円 B

 

手取り金額 A-B=501,024円-71,616円=429,408円