平成30年6月6日生産性向上特別措置法施行

1.プロジェクト型「既成のサンドボックス」制度の創設、2.データの共有・連係のためのIoT投資減税、3.中小企業の生産性向上のための設備投資の促進。

この中の「3.中小企業の生産性向上のための設備投資の促進」に、市町村の判断により、新規取得設備の固定資産税が最大3年間ゼロになります。

これまでと違うのは、前もって、「先端設備等導入計画」を策定し、申請して、その認定を受けることが必要になります。

中小企業庁のサイトの中に、詳細が掲載されています。