もっとも簡単な簿記の仕組み

LEAD Technologies Inc. V1.01

どのようにして、試算表や元帳を作成しているかというと、まず、「現金出納帳」や「預金通帳」を見ながら、例えば、現金で26万円を売り上げた場合、

6月7日 現金 260,000 売上 260,000 西沢商店

というような仕訳を考えて、会計ソフトに、この順番で入力します。

入力を終えると、試算表を表示し、お客様の「現金出納帳」や「預金通帳」の残高と一致しているか確かめます。

複式簿記の特徴は、ひとつの取引を資産負債科目と損益科目とに二重に記載することで、原始帳票と作成した元帳に違いが無いことを確認できます。

帳簿の世界史

ジェイコブ・ソール「帳簿の世界史」(2018)文春文庫、村井章子訳、解説:山田真哉。

簿記の歴史に関する書物を読むだことがある方には、読みやすいだろうが、一般の方には、専門用語や複式簿記の概念に馴染みが無いので、難しいかもしれない。

しかし、ざっと目を通した印象では、簿記=複式簿記に焦点を当てて、歴史に及ぼした影響が、世界史のビッグイベントに関連づけて書かれており参考になる。

「さおだけ屋は、なぜつぶれないか?」でお馴染みの山田真哉先生の解説は、公認会計士らしく、監査の重要性に言及されているし、新しい経済システムへの「簿記」=「会計」の果たす役割について、簡潔に説明されている。