求人にあたって

ブログと言うのは、趣味で書くものだと思っていたが、「ひとり税理士」を提唱しておられる税理士井ノ上先生のご著書によると、それなりの効果があるとのことなので、サイトを改変するにあたって、ブログ形式にしている。

私は、長年にわたり、法律学や租税論とか、あまり、好きではないが会計学だとかに加え、いわゆる心理学一般を税理士の仕事に活かしていきたいと考え、いろいろ本も読み、あるいは、通信教育で学んだりして来た。

現在の心理学は、主流が、認知心理学で、初期の「精神物理学」時代や、あるいは、行動心理学の端緒となるパブロフの考察などよりも、広範な対象と、新しい方法によっており、隔世の感がある。

ただ、広く浅い知識はあるが、それを、実際の仕事に応用できているかというと、これは、難しい。

学校の先生が、学んだ教育心理学を活かせる程度には、その程度なら、何とか役立っているのだろうけれど、時間の制約や、父のやり方の影響が大きいので、学んだことが、最大限に役立っている訳ではない。

しかし、心理学を学んでいることは、私の強みの一つではある。

臨床心理学の範疇にはなるが、いわゆる精神分析学などでは、たとえば、「自己開示」ということをどう考えるか?と言う疑問に示唆を与えててくれる。

「自己開示」は、有り体に言うと、自分は、こう言う人間(だと思っている)だと、相手に伝えることである。

父は、下級官吏であった上に、かなりの田舎の出身なのであったが、お客様には、その辺りのことは、ほとんど伝えていなかったし、ごく一部のよく似た境遇の人にだけ語っていた。

白衣を着たお医者さんが、自身の信条や来歴を話さないように、何も言わなければ、それなりに、「こころ」から遠ざかれるので、安全地帯にいることができる。

あとは、腕前次第であろう。

ブログで、どの程度のことを書くかと言うことは、テーマとして、やや難しいことなのである。

新人営業パーソン来所

税理士事務所に来られる営業パーソンと言えば、まず、会計ソフトの販売か、信用金庫などか、保険業があった。

今回は、求人広告の営業パーソンの来所があった。

昨今の求人難のためと、私の年齢も考えて、事業展開の方向を選択と集中に変えようと考えている。

ここ3年ほどの間に、4回ほど求人広告でお金を使ったが、1人だけ、優れた方に来てもらえたけど、それ以外は、残念ながら、うまく行かなかった。

また、当事務所で、最初から担当していたすばらしい技術のあった会社が、後継者がなく、廃業されたこともあって、今は、まだ、人手不足なのだけれど、もう少し頑張れば、残念ながら、後継者がいないために廃業やむなしの会社もあるため、個人事業主を何とかすれば、ひとり事務所としてやっていける。

全てを自分ひとりでやれない限り、人を雇う必要もあるが、それなりに給料を払うことを考えると、ある程度まで減らせれば、そこそこの収入になる。

たとえば、相続税に絞って税理士業務を行うとすれば、年に4件ぐらいはこなせる勘定になる。

ごく簡単な相続税案件は別として、たとえば、相続財産1億円ぐらいでも、主として、土日対応だと、通常業務に、2件程度が、体に負担がかかりすぎない。

なかには、相続税申告もしましたと言う履歴を書いている求職者もおられるが、最終的には、私が確認する必要があるので、相当できないとあまり役に立つ訳でもない。

求人で、一番苦労するのは、たとえば、パソコンスキルが、入力スピードは速いが、ハードのことを分かっていない方などを見ている時かもしれない。

ハードディスクが壊れて、長年ためていたデータが消える体験と言うのも、特定の会計ソフトだけを使っていた場合だとないのだろうが、ハードウェアーの知識がない人も多い。

それに、パソコンなどの情報機器を使うことは、生産性を上げるためなのに、スキルが身につかないために、定型的な業務しか出来ないのも困りものである。

なんか、愚痴になってしましたが、インターネットやパソコンなどのスキルがないと、税理士業務も困難になって来ている。

平成29年の配偶者控除に関する改正について

【2018年6月現在】配偶者控除などの改正により、制度が複雑化しました。夫婦だけの家庭で、ご主人が正社員で、奥さんがパートタイマーであるケースについて見ていきます。

まず、ここでは、ご主人が配偶者控除を受けられるかどうかが、問題になります。

まず、ご主人の年間の賞与なども全部含めた給与収入が、11,200,000円以下であれば、38万円が全額控除されます。

ただし、奥さんのパートの給与収入が、1,500,000円以下である必要があります。

以上が基本となります。