40年前の会計事務所

私が、父の事務所に入った頃は、事務員の数も、まだ多かった。今でも、使える机と椅子のある席が、6席ある。

当時は、7席。職員数は、私を含めて正社員4名であった。

手書きで、振替伝票や元帳を作成していたので、今と比べると、数倍時間がかかっていた。

トランジスタ式の電気式の計算機が、一台。不要になった机の上に鎮座していた。

これは、かけ算や割り算の検算用で、たまにしか使われなかった。

父は、ソロバンとペンと簿記の知識があれば、一生食いっぱぐれがないと、繰り返し言っていた。

電卓を経て、計算はエクセルという時代は、当時は、予見できなかった。

野村コンピュータシステム(のちの野村総研)が、電子計算機の分散利用サービスを提供していて、私が入ってから、利用が進んだ。

私は、ソロバンが苦手だったので、まだ、端末の入力の方が良かったことにもよる。

データカセットをセンターに持って行って、出来た試算表や元帳などをもらってくるのである。

端末も、最後には、電話回線を使った音響通信でデータを送れるようになった。

そうこうするうちに、PTOSと言うOSを搭載したNECのオフコンに変わった。

当時のプログラムは、コボルで、それが、最終的にはIBMタイプのパソコンにブラットフォームを乗せた上で、動いていた。

DOS/Vパソコンが、MSーDOSで動くようになってから、汎用性のある会計ソフトも出来て来た。

ワープロ専用機が使われたのは、1980年代だけであった。

現時点では、エッサムの会計ソフトと、NTTデータの達人シリーズを使用している。

数年前から、人手不足になって来ていて、仕事が忙しくなっていたが、長年、大変お世話になった顧問先の方が、高齢化と後継者不足で会社を閉じられるような事態が相次いで、最近では、たとえば、会社設立業務はなくなり、代わりに、会社の解散や清算業務が増えた。

いまでは、会社の清算業務の方が経験があるようになった。

事業再生は、売却できる資産とかがなければ、実際には、手間がかかるばかりで、なかなか難しい。

この40年ほどの間に、会計事務所も様変わりしてしまった。

創業したばかりの人やこれから創業しようという人の支援業務も、時々やってきたが、一番大きいのは、資金不足で、よほどしっかりした事業でない限り、困難であった。

昨今の創業は、昔は、一台の機械を買い、貸し工場で利益を上げていく中で、収益を上げるという分かりやすいものであったのに対し、サービス業だと、本人の能力にも依存するため、なかなか、厳しい状況にあると思います。

なので、原則として、よほど、しっかりした事業プランを持っておられる方以外は、創業支援は、やらないことにしています。